8月14日(月) #1446 最後の大阪大空襲

おはようございます。木下藤吉郎です。

今から72年前の1945年(昭和20年)の今日、B29約150機が大阪市の大阪陸軍造兵廠(大阪砲兵工廠)を標的とした大空襲を実行しました。投下された1トン爆弾のうち1発が京橋駅の城東線(後の大阪環状線)と片町線(学研都市線)の交差地点に着弾し、片町線ホームに避難していた人々が直撃を受け、身元が分かっているものだけでも200人以上が死亡、身元不明の犠牲者(木っ端微塵跡形も無くなってしまったほど損傷や破壊が酷かった遺体)は300〜500人にのぼるといわれています。

■大阪大空襲(1945年8月14日) - Wikipedia

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%A4%A7%E7%A9%BA%E8%A5%B2#.E4.BA.AC.E6.A9.8B.E9.A7.85.E7.A9.BA.E8.A5.B2.EF.BC.8D1945.E5.B9.B48.E6.9C.8814.E6.97.A5

また、今から100年前の1917年(大正6年)の今日は、漫画家の上田トシコ(うえだ としこ)さんの生まれた日です。

※ 2008年3月7日没。満90歳。代表作は「フイチンさん」

上田トシコ - Wikipedia

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E7%94%B0%E3%83%88%E3%82%B7%E3%82%B3

8月14日 月曜日

お盆の最中ですが、曜日としてはまた新しい一週間の始まりであり、お盆休みがなくカレンダー通りの官公庁では窓口が開きます。

そんな今日は、明日が終戦記念日であり、月遅れ盆でもあるという事で、故郷で仏壇、お迎え・お送りの火焚き、キュウリとナスの精霊馬といったものが飾られているだろうと思ったりもしますが、今日はとりわけ大阪の城東区都島区あたりに古くから住まわれている方にとりましては、忘れてはならない日となっています。

1945年(昭和20年)8月14日、日本政府はポツダム宣言の受諾を決定した事を最終確認する所まできており、翌日にも終戦の旨を国民(大日本帝国下では「臣民」)、国内の兵士などに「玉音放送」で伝えようと、その準備が進められつつありました。

恐らく、その旨は米軍にもとうに伝わり、8月15日の玉音放送で日本本土への空襲は禁止される事になると、軍隊の誰もが予測していた事でしょう。

そのためかどうか、終戦前日となる8月14日には、日本本土のあちこちで「最後の大空襲」が行われました。秋田、伊勢崎、小田原、岩国、光などで大空襲があり、主に製鉄、製油所などが集中して狙撃されました。まるで「終戦前のうちに武器の製造工場を壊しまくって、最後に一発大手柄といったろう」と言わんばかりに。

その牙は大阪にも向けられました。大阪には同年3月から既に何度も大空襲を受けており、焼け野原になっている所は少なくありませんでした(そのために、一度は原爆投下の候補地に挙げられたが、却下され、模擬原爆のパンプキン爆弾実験場にされたといわれているほど)。しかし米軍は、度重なる大阪大空襲で何度も標的にしていながら、天候などが原因で爆撃が外れてばかりの所がありました。それが、現在大阪城ホール大阪ビジネスパークJR西日本森ノ宮支所(車両基地支部)がある辺りに林立していた、大阪陸軍造兵廠(大阪砲兵工廠)でした。

午前11時ごろ、B29の群が接近してきた事により大阪には空襲警報が鳴らされました。その頃、城東線(後の大阪環状線)には上り下り1編成ずつの計2編成の電車が京橋駅に到着しており、警報とB29の接近で怯えた人々は、城東線の下をアンダークロスしている片町線のホームに逃げ込んで行きました。

B29から投下された1トン爆弾の雨あられは、大阪陸軍造兵廠の8割を焼き尽くし、大坂城(大阪城)の敷地にも着弾して、いくつかの櫓が焼失する惨事となりました。

それだけでなく、数発は京橋駅にも着弾し、うち1発は、あろうことか城東線と片町線の交差地点を直撃してしまったのです。

片町線ホームやその周辺に逃げていた人々は爆発の直撃を受けたため、身元が確認されただけでも200人以上、木っ端微塵に吹き飛んで跡形もなくなったなどにより身元が不明なままの犠牲者は300〜500人はいるのではないかとも言われています。

これは人づてに聞いた話ですが、空襲を終えたばかりのB29機から、大量の紙切れがばら撒かれたそうです。その紙切れには「これが最後だ」と書かれていたとか。

この一連の流れに対して、意見は人それぞれあろう事かと思いますが、軍や兵隊というのは、言ってしまえば敵国の人を殺したり施設を破壊したりすれば「手柄」になるため、ああいう行為に出るのは、軍隊の意味が分かっていれば何ら不思議ではない行為であるように私は思います。だからこそ、そんな暴走体質のグループを作ってしまう戦争は、問答無用の絶対悪であるように私は思うのです。

きょう午前11時ごろより、JR京橋駅南口では、最後の大阪大空襲、京橋駅空襲とも呼ばれるあの空襲で犠牲になった人々の追悼式典が行われます。もしお立ち寄りの時間がございましたら、参列して頂けたらと思います。

※ 浄財(寄付)を入れる箱がありますが、もちろん参列は無料でできます。

■迷(名)ステーションで行こう! Vol.3 京橋駅を襲った「悲劇」

https://youtu.be/R68pmbBmSqw

京橋駅空襲を取り上げ、迷列車で行こう!風にまとめた動画。