利点

 自分のつぶやきのコメントに書いたが、それだと誰も読んでくれないのでもう一度ここで書く。

 いつも何かにつけ絶望しているオレだが、何も好き好んでそんな事言っているわけじゃない。絶望にはメリットはないし。しかしながら、メリット・デメリットうんぬんではなく、客観的な状況と自分に残された力とを考えたら、希望的観測の入る余地が……。砂がこぼれるように自分からやれることや物事に取り組む力が失われて行く感覚があって、それは年を追うごとに強くなっている。持病が良くなってもやれることがなくなれば、生きる屍も同然。それを恐れて足掻いているのだが、人に理解してもらえない。

 正直、人生を強制終了させたくもなるが、数少ないとは言えオレと親しくしてくれる人たちを悲しませるわけにはいかないので、それは出来ない。一体何をどうすりゃいいのか? 薬は飲んでいるけど症状が良くならないので、いい加減しんどい……。

広告を非表示にする