「煙の塊を吐く謎すぎる発光体」がクウェート上空に出現!  やはり昨日のはUFO

http://tocana.jp/2017/03/post_12477_entry.html

 2月19日夕刻、中東クウェート上空に謎の飛行物体が出現していたという。多くの住民が、突如上空に現れた謎の物体を不審に思っていたようだ。YouTube には、この飛行物体を撮影した動画が複数投稿されているのだ。奇妙なことに、飛行物体の近くには“煙の塊り”のような物も確認されたという。これらの物体は一体何なのだろうか……。

 18時12分に撮影されたこちらの動画は、より近くから撮影されいる。子供が撮影しているようで手ブレが激しいが、上下の発光体の姿がより鮮明に確認できる。最初の動画では点のようにしか見えなかった上の発光体は、ドーナツ型をしているではないか。白く発行しているのは、周囲の縁部分のようだ。

 そしてこの動画では、下のぼんやりしたモヤのような物体の奇妙な動きも確認することができる。画面左方向に向けて、煙のような物質を放出しているのだ。何を言っているのかは分からないが、男の子はこの謎すぎる光景に大変興奮しているようだ。

 この動画で確認できる発光体は1つだけ。動いている様子は確認できないが、時折強く発光している。星や飛行機とはとても考えられず、撮影者はUFOだと考えている。

 この投稿者が投稿した続く動画によって、この発光体は、これまでの動画で煙のような物体の上にいた発光体(ドーナツ型)だと考えられる。順序としては、まずドーナツ型が現れ、その後に煙状の物体が現れたようだ。

 先ほどの投稿者によるこの動画は、18時25分に撮影されたもの。暗いこともあってか、かなり荒い映像ではあるが、上下の配置は1・2番目の動画と同じ。

 煙状の物体は、やはり画面左方向にゆっくり移動している。移動しながら、徐々に薄くなっているようで動画終盤ではほぼ消えかけている。煙内部に機体らしき物体は確認できず、発光しながら移動し、やがて消える“煙の塊り”としか言いようがないのだが、果たしてそんなものが存在するのか? 世界的なUFO研究家スコット・ウェアリング氏は、謎めいたこの現象をどう見ているのだろうか……。

■カムフラージュを試みている……!?

 スコット・ウェアリング氏は、様々な場所から撮影された2つの発光体はいずれもUFOだと確信している様子だ。迷いは一切ない。

「全ての動画に映る2つの発光体は、紛れもなく本物のUFOです。1つは白く丸いオーブタイプ、もう一方は90%ほど隠されたUFOです。多くの人によってこの2つのUFOが記録されたことは、ラッキーというより他ありません」(ウェアリング氏)

 ウェアリング氏はこれまでにも、空や雲に擬態するUFOの性質を指摘している。今回報告された煙状の物体も、同様にカムフラージュを試みているUFOだと考えているようだ。さらに氏は、多くの人によって撮影されたことで、今回のUFOの信憑性は疑い得ないほど高いと考えている。

「今回のUFO目撃情報は、これまで私が得てきたどんな情報よりも圧倒的に信憑性が高いと言えるでしょう。ざっと数千人は、このUFOを目撃していたのではないでしょうか」(同氏)

 ウェアリング氏が主張するように、多くの地点から、同じ現象が報告され、撮影者たちは一様に奇妙だと感じていたのは紛れもない事実。確かにこの日、クウェート上空に謎の発光体が存在していたのだ。その光り方、動き方などから、ドローンだとは考えにくい。現段階で断定はできないものの、ウェアリング氏が言うように、地球外生命体が操るUFOだと考えるのが最もうまくこの現象を説明しているように思われるのだ。世界各地から報告が寄せられている、理解不能な発光現象。いつの日か、その正体が明らかになることを願いたい。

坂井学

「緑色の煙」を散布するUFOが激写される! 謎の噴射物の正体とは?

今月21日、米UFO研究団体に驚愕のUFO画像が投稿されたとの情報が入ってきた。なんと、人間の精神に影響を与える物質を散布しているかもしれないというのだ!

 英紙「Express」(12月22日付)によると、問題の画像は今月21日、世界最大のUFO研究団体「MUFON」に投稿されたという。画像は現在も鋭意解析中とのことだが、現在までに分かっている情報をお伝えしたい。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/12/post_11864.html

■緑色の煙を吐き出すメタリックUFO

 2013年7月20日、米カリフォルニア州ハンチントンに住む匿名の撮影者が自宅ガレージ付近で作業していたところ、上空から低く唸るような音が聞こえてきたという。不審に思い音のする方向へ目を向けると、1機の飛行機らしきものが目に入ったそうだ。

「最初は飛行機かと思いましたが、1、2秒でそれが飛行機でないとわかり驚きました。オレンジ色のライトを放つ鈍い銀色をしたドーム型の物体だったんです。典型的なUFOでした」

 さらに気味の悪いことに、このUFOは緑色の煙を撒き散らしていたというのだ。

「機体から炎やエンジンの明かりなどは見えませんでしたが、もやもやとした飛行機雲らしきものが出ているのはハッキリと見えました。ただ飛行機雲とは違い、数秒拡散するとすぐに消えてしまったんです。(通常の飛行機雲とは違い)非常に綺麗な緑色だったので、強力な毒物か、放射性物質のようなものを撒き散らしているのかと思いましたよ」

 一体このUFOの操縦者は何者であり、何を散布していたのだろうか? 疑問が次々と湧いてくるが、なにはともあれ問題の画像をご覧頂こう。

 撮影者の描写どおり、ドーム状のメタリックUFOが緑色の噴射物を撒き散らしている様子がハッキリと写っているではないか! まったく不可解としかいえない光景だ……。

 有名UFO研究家スコット・ウェアリング氏のコメントを見てみよう。

「緑色の噴射物が気になりますね。とても心配です。エイリアンたちの実験の1つでしょう。もしかしたら、人間の身体や精神に影響を与えるものかもしれません。もし、機体にトラブルが発生して煙が出ているとしたら、近くに不時着した可能性もありますね」

 この煙の含有物質や、エイリアンらの意図など不明な点はまだまだ多いが、全ての真実が明らかにされるその日まで、トカナではUFO情報を追い続けていく。

(編集部)

ということで、昨日の未確認飛行物体・・これをUFOという

何度もブログで書いているが

UFOをいる・・と言う人がいるが

UFO=未確認飛行物体・・・物である

いるではない、ある、ない  なのだ

宇宙人はいる、いない・・と言わないといけない・・

ということで、昨日のUFO・・

消える特、煙(雲)のようなものが見えた・・

だから、てっきり・・雲に隠れた星・・と思ったが・・

天気は晴れ・・

その雲は光が見えなくなったら・・すぐ見えなくなった・・

だから雲ではない・・雲が無くなったら、星なら見える・・

で、ふと、UFO出現時または消えるとき・・

確か、煙のようなものが見えた・・という例があったと思ったら・・

とりあえず・・自分のとは違うが・・あった・・

なんかの見間違い?と思う人がいるかもしれないが

間違いではない・・

未確認飛行物体=UFOである・・

今まで・・5回くらい・・か

UFOは・・・

一度グレイに会ってみたいものだ・・

アブダクトされたい・・